2013年9月26日木曜日

Markdown 覚え書き

久しぶりにブログを更新しようと思ったら、マークダウンの書き方をすっかり忘れてしまっていたので、今後のために覚え書きをまとめておく。

見出し

見出しは以下のようにテキストの前にいくつかの ‘#’ を置く。HTMLは見出しのレベルを6まで提供している(らしい)。

  #見出し1
  ##見出し2
  ###見出し3
  ####見出し4
  #####見出し5
  ######見出し6

↑のように記述すると…

見出し1

見出し2

見出し3

見出し4

見出し5
見出し6

↑のように表示される。

段落

段落の間には空行をいれる。

改行

強制的に改行するには行末に2つのスペースをいれる。

斜体

アスタリスクで囲むと斜体になる。


  アスタリスクで囲むと*斜体*になる。

太字

アスタリスク2個で囲むと太字になる。


  アスタリスク2個で囲むと**太字**になる。

コード

コード(等幅フォントで整形する)を含めるときは、インラインコードなら `some code` のように ` (バッククォート)で囲む。

複数行のコードは行頭に4個以上のスペースを置く。

void main(){
    printf("Hello, World!\n");
}
コード(等幅フォントで整形する)を含めるときは、インラインコードなら `some code` のように <kbd>`</kbd> (バッククォート)で囲む。

複数行のコードは行頭に4個以上のスペースを置く。

    void main(){
        printf("Hello, World!\n");
    }

プログラムコードの引用

コードを枠や行番号付きで表示するには以下のように記述する。

<pre class=“prettyprint linenums:0”> // 行番号無し
 void main(){
 printf(“Hello, World!\n”);
 }
</pre>
<pre class=“prettyprint linenums:”> // 行番号付き void main(){ printf(“Hello, World!\n”); } </pre>
<pre class=“prettyprint linenums:6”> // 行番号指定 void main(){ printf(“Hello, World!\n”); } </pre>

    void main(){
        printf("Hello, World!\n");
    }
    void main(){
        printf("Hello, World!\n");
    }
    void main(){
        printf("Hello, World!\n");
    }

キーボード風

CTRL+CSPACERETURNTAB のように表示したければこのように記述する。

<kbd>CTRL+C</kbd>、
<kbd>SPACE</kbd>、
<kbd>RETURN</kbd>、
<kbd>TAB</kbd>
のように表示したければこのように記述する。

Mac風に ⌘+C SPACE RETURN TAB と表示するにはこうします。

Mac風に
<span class="mac-key">
⌘+C
</span>
<span class="mac-key">
SPACE
</span>
<span class="mac-key">
RETURN
</span>
<span class="mac-key">
TAB
</span>
と表示するにはこうします。

リスト

順序無しのリストは行頭に「 * 」 「 + 」「 - 」 のいずれかを置く。サブアイテムは4つのスペースでインデントする。

  • アイテム1
  • アイテム2
    • サブアイテム1
    • サブアイテム2
      • さらに下のアイテム
    • サブアイテム3
  • アイテム3
* アイテム1
* アイテム2
    * サブアイテム1
    + サブアイテム2
        * さらに下のアイテム
    * サブアイテム3
* アイテム3

順序付きのリストは行頭に「数字. 」を置く。

  1. aaa

  2. bbb
    1. ccc
    2. ddd
      1. eee
    3. fff
  3. ggg

  4. AAA
    1. BBB
      1. CCC
    2. DDD
1. aaa
2. bbb
    3. ccc
    4. ddd
        5. eee
    6. fff
7. ggg

1. AAA
    1. BBB
        1. CCC
    1. DDD

水平線

水平線は3個以上の「 * 」か「 - 」を並べる。



***
---

引用

引用は段落の先頭に「 > 」を置く。

このように書くと 引用として 表示されます。

>このように書くと
引用として
表示されます。

数式

インラインの数式は $E=MC^2$ のように「 $ 」で囲む。

インラインの数式は $E=MC^2$ のように「 $ 」で囲む。

別行で数式を書くときは \[m=\sum_{i=0}^{N-1} a_i\] の様に記述する。

別行で数式を書くときは \[m=\sum_{i=0}^{N-1} a_i\] の様に記述する。

リンク

リンクは リンク のように書きます。

   リンクは [リンク](http://blog.knakajp.com) のように書きます。

画像の挿入

画像はこのようにして blogger-logo 挿入します。

画像はこのようにして ![blogger-logo](https://dl.dropboxusercontent.com/u/306208/blogger-logo-small.png) 挿入します。

0 件のコメント: