2013年5月26日日曜日

Raspberry Pi の設定(3)

我が家のPC環境は Macが主体なので AFP(Apple Filing Protocol)や Bonjour で Raspberry Pi にアクセス出来ると便利です。

AFP によるファイル共有

以下のコマンドで netatalk をインストールします。

 $ sudo apt-get install netatalk
以前は別にインストールする必要があった avahi-daemon も一緒にインストールされました。
なにも設定しなくてもこの時点で Finder のサイドバーに Raspberry Pi が表示されています。接続すると Home Directory が共有できます。

VNC サーバ

以下のコマンドで tightvncserver をインストールします。

 $ sudo apt-get install tightvncserver
インストールが済んだら起動します。
 $ vncserver
パスワードを聞いてくるので適当なパスワードを2回入力します。表示専用のパスワードも聞かれますがこれはなくてもいいでしょう。 Finder の「移動 → サーバへ接続」でサーバアドレスに vnc://raspberrypi:5901 を指定すれば画面の共有が出来ます。

VNCサーバの自動起動

ブート後に自動で起動するように VNCサーバを設定します。

ディレクトリを移動してファイル /etc/init.d/tightvncserver を作成します。

 $ cd /etc/init.d
 $ sudo nano tightvncserver

ファイル /etc/init.d/tightvncserver に以下の内容を記述して保存します。

#!/bin/bash
# /etc/init.d/tightvncserver
#
# Carry out specific functions when asked to by the system case "$1" in start) su pi -c '/usr/bin/vncserver -geometry 1024x768' echo "Starting VNC server " ;; stop) pkill Xtightvnc echo "VNC Server has been stopped " ;; *) echo "Usage: /etc/init.d/tightvncserver {start|stop}" exit 1 ;; esac
exit 0
ユーザ名 pi はVNCサーバを起動するユーザです。このユーザ名でVNC接続できます。 ジオメトリ設定はモニタにあわせて変更します。

保存したファイルに実行属性を与え、実行中のサーバをキルします。

 $ sudo chmod +x tightvncserver
 $ sudo pkill Xtightvnc
VNCサーバが停止していることを確認します。
 $ ps aux | grep vnc
次に以下のコマンドを実行します。
 $ sudo /etc/init.d/tightvncserver start
 $ cd /etc/init.d
 $ sudo update-rc.d tightvncserver defaults

Finder から Bonjour でVNCサーバが見えるようにするために rfbサービスファイルを作ります。

 $ sudo nano /etc/avahi/services/rfb.service
/etc/avahi/services/rfb.service に以下の内容を記述して保存します。
<?xml version="1.0" standalone='no'?><!DOCTYPE service-group SYSTEM "avahi-service.dtd"><service-group>
  <name replace-wildcards="yes">%h</name>
  <service>
    <type>_rfb._tcp</type>
    <port>5901</port>
  </service>
</service-group>
次に以下のコマンドを実行します。
 $ sudo /etc/init.d/avahi-daemon restart
以上でBonjourでVNCサーバが見えるようになり、Finderに「画面を共有…」ボタンが表示されるようになりました。

画面を共有…をクリックすれば Raspberry Pi にVNC接続が出来ます。

参考URL
  4DC5:Setting up VNC on Raspberry Pi for Mac access

無線LANの設定

USB WiFiアダプタ GW-USValue-EZ を接続して lsusb してみると GW-USValue-EZ がリストされるのでWi-Fiアダプタは正しく認識されているようです。

 $ lsusb
 Bus 001 Device 002: ID 0424:9512 Standard Microsystems Corp.
 Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
 Bus 001 Device 008: ID 04fe:0007 PFU, Ltd
 Bus 001 Device 003: ID 0424:ec00 Standard Microsystems Corp.
 Bus 001 Device 004: ID 2019:ed17 PLANEX GW-USValue-EZ 802.11n Wireless Adapter [Realtek RTL8188CUS]
 Bus 001 Device 005: ID 05e3:0608 Genesys Logic, Inc. USB–2.0 4-Port HUB
 Bus 001 Device 006: ID 04fe:0008 PFU, Ltd
 Bus 001 Device 007: ID 0458:0007 KYE Systems Corp. (Mouse Systems)

lsmod してみるとドライバ 8192cu がロードされていることがわかります。

 $ lsmod
 Module                  Size  Used by
 snd_bcm2835            15846  0
 snd_pcm                77560  1 snd_bcm2835
 snd_seq                53329  0
 snd_timer              19998  2 snd_pcm,snd_seq
 snd_seq_device          6438  1 snd_seq
 snd                    58447  5 snd_bcm2835,snd_timer,snd_pcm,snd_seq,snd_seq_device
 snd_page_alloc          5145  1 snd_pcm
 8192cu                489381  0
 leds_gpio               2235  0
 led_class               3562  1 leds_gpio
 evdev                   9426  2
GUIから wpa_gui を起動してみてもアダプタのリストには wlan0 がリストされません。いろいろ調べてみると wpa_gui のパーミッションに問題があるようです。
 $ sudo chmod 4755 /usr/sbin/wpa_gui
を実行して、もう一度 wpa_gui を起動したところ、今度は wlan0 が表示されるようになりました。

Scanをクリックして表示されるリストで、接続したいネットワークをダブルクリック、設定画面にパスフレーズを入力してAddをクリックして接続します。

0 件のコメント: