2013年5月25日土曜日

Raspberry Pi の設定(1)

久しぶりに Raspberry Pi で遊んでみようと思ったら、以前に設定したときの内容をすっかり忘れてしまっていることが判明しました。 もう一度最初から設定し直すことにしたのでその手順をメモしておきます。


用意するものは Raspberry Pi 本体と 4GB以上のSDメモリカード、給電用のUSB-MicroBケーブル、モニタとモニタ接続用のHDMIケーブル、USBキーボード。
他には作業用のPCが必要です。うちの場合は MacBook Pro 13" Retina を使ってセットアップ作業を行いました。

OS のイメージファイルを入手

Raspberry Pi のダウンロードページから Raspbian “wheezy” をダウンロードして解凍します。今回は2013-02-09-wheezy-raspbian.zip をダウンロードしました。日付の部分は OS のバージョンアップにより変わります。

OS をSDメモリカードに書き込む

以前はOS Xのターミナルから dd コマンドを入力して書き込みましたが、最近は RPi-sd card builder という便利なツールがあるようなので今回はこれを使ってみることにします。 こちらのページからRPi-sd card builder をダウンロードして解凍しておきます。書き込み手順は以下の通り。
  1. RPi-sd card builder v1.2 を起動します。
  2. ファイル選択画面でさっき解凍したイメージファイルを選択します。
  3. SDカードの挿入確認画面がでるのでSDメモリカードを挿入して「Continue」をクリックします。
  4. SDカード選択画面がでるので、OSを書き込みたいSDメモリカードにひとつだけチェックを入れて「OK」をクリックします。
  5. 管理者のパスワードを入力して「OK」をクリックします。「OK」をクリックします。
  6. SDカードがアンマウントされたかどうかを聞いてきますので Finder でSDカードが表示されていないことを確認して「Continue」をクリックします。
しばらくして「COMPLETE」画面が表示されれば書き込み作業は完了です。「OK」をクリックしてプログラムを終了してSDメモリカードを取り出します。

起動と初期設定

出来上がったSDメモリカードを Raspberry Pi に挿入し、モニタ、USBキーボードを接続して電源を入れると、画面に起動時のメッセージが表示されたあと Raspi-config という設定画面が表示されます。ここでは以下のように設定を行います。
  1. expand rootfs
    SDメモリカードの容量全部を使えるように拡張します。項目を選択して「OK」画面が表示されればOK。次回のブート時にファイルシステムが拡張されます。
  2. configure keyboard
    Keyboard model で Generic 105-key (Intl) PC を選択します。
    Keyboard layout で Other →Japanese →Japanese - Japanese (OADG 109A) を選択します。
    Key to function as AltGr で The default for the keyboard layout を選択します。
    Compose key で No compose key を選択します。
    Use Ctrl + Alt + Backspace to terminate the X server? で Yes を選択します。
  3. change_pass
    pi ユーザのパスワードを設定します。
  4. change_timezone
    Geographic area で Asia を選択します。 Time zone で Tokyo を選択します。
  5. ssh
    Enable を選択して画面が変わったら「OK」を選択します。
とりあえずここまで設定したら Finish を選択して raspi-config を終了します。リブートするかどうかを聞かれたら Yes を選択します。

確認

再起動してログインプロンプトが表示されたら、ユーザ名 pi と、さっき変更したパスワードを入力してログインします。 df コマンドでSDメモリカードの容量を確認してみます。SDメモリカードの容量より1.4GBくらい少ない容量であればOKです。

初期状態では root ユーザのパスワードが設定されていないので、以下の手順でパスワードを設定しておきます。
 $ sudo su
 # passwd

0 件のコメント: